第9回真勇カップ

昨日は三郷市総合体育館で第9回真勇カップが行われ辻道場からは5名が出場しました。

前日から緊張して眠れない子

試合会場に入ると顔が青ざめる子

自分の試合が近付いてくるとさっきまではしゃいで遊んでいたのに戦闘モードに自ら切り替える子


当たり前ですがみんなそれぞれに緊張と不安を抱えています。

子供達だけじゃなく私達父兄も同じようにいつも緊張と不安でいっぱいです。


昨日はHさんが息子さんの試合の前とても緊張していて、その表情を見たら痛いぐらい気持ちが伝わってきて思わず声を掛けてしまいました。


本当に同じ気持ち。

それぐらい我が子を本気で応援しているし

勝たせてあげたいし

自信をつけさせてあげたい


でも親がどんな思いを持っていても

どう思いどう感じるかは子供自身だから

押し付けないようにbigmamも心掛けていますが、

やっぱり試合の度にやきもきしてしまいます(笑)

不甲斐ない試合をするとオーイー!!と思ってしまうし・・・。

いつも一番近くで見ているから本当に一生懸命頑張っていることはもちろんよくわかっているんですけどね。

そして見ている以上に試合をやっている本人はもっときついということも。


昨日は小4の加藤諒くんが優勝しました。

賞状に書かれている

「心身練磨を讃える」


昨日は白蓮会館所沢支部の子供達も試合に出場していたので小林先生がいらっしゃっていて、

心はどうやって練磨したら良いんでしょうねと話していた時

「まずは自分が率先して苦しいと思う練習をする。そうしたらみんなもついてくる。

一人では出来ないんだ。」

と小林先生が話して下さいました。

諒くんもよく話を聞いていました。

その言葉の通り小林先生自身のお姿からもいつも色々伝わってくるものがあります。


今年は昨日の試合が最後の試合となりました。

また来年今まで培ってきたものを大切に

また新たに沢山のことを吸収して

みんなで頑張っていきましょう!

己道塾 辻道場

空手/東京都東村山市